クリアポロン 副作用
クリアポロンには吹く差王があるのでしょうか?もしあるならばあらかじめリスクを知っておいてから始めたい他ですよね。クリアポロンについて副作用の可能性を調べてまとめました。

>>クリアポロンの詳細はこちら

クリアポロン

ヨクイニン

クリアポロンにはヨクイニンが配合されています。

ヨクイニンはイボの治療薬として病院で処方されることが多く、薬局やドラッグストアなどでも手軽に試すことができるため、高い人気を集めている成分です。

けど、副作用の危険があるので注意する必要があります。

蕁麻疹や発疹などが出た場合は、ヨクイニンが肌に合わない可能性が高いです!

もし、クリアポロンを使って肌に異常が出たら、ヨクイニンによるアレルギー反応を疑い、すぐに使用を中止してくださいね。

また、ニキビが悪化する副作用も確認されています。

ニキビが悪化するのは、毒素を排出しようとするヨクイニンの働きであり、2週間ほどすれば治ることがほとんどなので、それほど心配する必要はないでしょう。

しかし、ニキビが酷く悪化した場合は、ヨクイニンが肌に合っていない可能性があるため、そんなときはすぐに使用を中止してくださいね。

ビタミンC誘導体

クリアポロンには美容に関心がある女性に大人気の成分、ビタミンC誘導体が配合されています。

シミやくすみ予防、たるみ改善、ニキビ予防などの効果が期待できますが、副作用の報告も多くあるので、十分に注意する必要があります。

もっとも報告が多い副作用は、肌へのピリピリとした刺激です。

クリアポロンを使って肌への刺激を感じたり、かぶれやかゆみが起きた場合は、ビタミンC誘導体が肌に合わない可能性があります。

副作用が起こっているのにそのまま使い続けると、シミなどの色素沈着が起こることもあるので、肌に異常を感じたらすぐに使用を中止してください!

また、ニキビが炎症を起こしているときに使うと、刺激が痛みとなって現れることがあるので、炎症しているときは使わないようにしましょうね。

プラセンタ

クリアポロンには美容効果抜群のプラセンタが配合されており、シミやシワなどの肌トラブルを抑えてくれます。

しかし、まれに副作用の症状が現れることがあるので、注意が必要です。

蕁麻疹やニキビ、かゆみ、赤みが出ることがあります。

このような症状が出ても、ほとんどの場合は肌がキレイに生まれ変わっている証拠であり、それほど心配しなくても大丈夫ですが、症状がひどい場合はすぐに使用を中止しましょう。

プラセンタのアレルギーである可能性がありますよ。

使用を中止してもよくならない場合は、皮膚科を受診してくださいね。

初めて使うなら、まずは成分表をチェック

クリアポロンを初めて使う場合、成分表をチェックすることが大切です。

今までに副作用が出たことのある成分が含まれていたら、また副作用が起こる可能性が高いので、クリアポロンを使うのは止めておきましょう。

成分表は公式サイトにも載っていますし、商品パッケージにも書いてありますよ。

初めて使うなら、パッチテストを行う

クリアポロンを初めて使う場合、パッチテストを行うことも大切です。

パッチテストと聞くと大変そうだと感じる人もいるでしょうが、誰でも簡単にできるパッチテストのやり方がありますよ。

①お風呂から出たら、クリアポロンを二の腕に塗ってください。

②二の腕を濡らさずに、24時間経つのを待ちます。

③24時間経ったら、塗った部分が腫れていないか、かゆみがないかなどを確認しましょう。

もし、アレルギー反応が出ていたらクリアポロンは肌に合わないということなので、使わないようにしてくださいね。

クリアポロンで副作用!?注意が必要な3つの成分とは?:まとめ

ヨクイニン、ビタミンC誘導体、プラセンタが副作用の心配がある成分です。

今までにこれらの成分で肌トラブルが起きた場合は、クリアポロンを使うのは止めておきましょう。

初めてクリアポロンを使う場合は、成分表をチェックしたり、パッチテストを行ってくださいね♪

>>クリアポロンの詳細はこちら