イボ 塗り薬

イボを取るのに効果的な塗り薬はどんなものがあるのでしょうか?イボ治療に効果的な塗り薬をご紹介します!
MENU

市販薬でも治せる!イボ治療には塗り薬がいいって本当?

市販で売られているイボを取る塗り薬なら、家でイボ治療ができて、わざわざ病院に通わなくていいので便利ですよね!

 

しかし、イボを取る塗り薬といっても種類がたくさんありすぎて、どれを選んでいいのか難しく、効果があまり感じられない物を選んでしまったり、最悪の場合は肌に何かしらのトラブルが起きてしまうことも。

 

市販でも買うことができるおすすめのイボを取る塗り薬をご紹介します!

 

 

@イボコロリ

 

CMでもおなじみのイボコロリはイボ塗り薬の中でもかなり知名度が高いので、ご存知の方も多いですよね。

 

イボコロリの主成分であるサリチル酸が硬化した古い角質を柔らかくし、イボを除去する効果が期待できます。

 

サリチル酸によって柔らかくなった皮膚が新しい細胞を生み出そうと細胞分裂が活発になり、その働きがイボを押し上げてイボを除去することができるのです。

 

足や手、指などの指に使うことができるので、効果が出るのも早いと口コミでも評判のイボを取る塗り薬です。

 

ただし、顔など粘膜が弱い部位に塗ると炎症などの症状を引き起こしてしまいます。

 

お子様や妊娠中の方も使用することができないので、十分に注意して使用してくださいね。

 

 

A紫雲膏

 

漢方薬の一種で、昔からイボ取りには紫雲膏と言われていたほど、有名なイボを取る塗り薬で今もなお人気が高いです。

 

イボが取れるだけでなく、抗菌作用などの効果もあるロングセラー商品です。

 

イボを取る塗り薬の中でも、比較的に安全性が高いので、副作用の危険性も低いとされています。

 

 

市販で販売しているイボ治療の塗り薬はこれらの商品が有名です。

 

その他の市販で売られているイボ治療薬となると、塗り薬ではなく内服薬や化粧品になります。

 

イボ治療に効果的な内服薬や化粧品であれば、何が人気なのでしょうか?

 

 

イボ治療効果のあるおすすめの内服薬と化粧品

 

・ヨクイニン錠SH

 

新日本製薬が販売しているヨクイニン錠SHは、肌の再生を活性化させるヨクイニンが主成分で、服用することで体の中から肌細胞を元気にし、イボを排出させることができます。

 

塗り薬だけではどうしても外側からしか刺激を与えることができませんが、内服薬を併用することでより効果的にイボ治療を効率的に進めることができます。

 

ただし、ヨクイニン錠SHは医薬品なので、副作用が出る危険性があり、体調不良などが起こった場合はすぐに使用を止めて、病院で診察してもらいましょう。

 

 

・クリアポロン

 

満足度93%以上と非常に高く、リピート率も高いことで話題になっています。

 

イボだけではなく、肌のざらつきも改善させることができるので、イボが取れた後も潤った肌をキープすることができます。

 

クリアポロンが人気の理由は化粧品に分類されているとは思えないほどの効果的な成分がたっぷり含まれているからです。

 

肌のターンオーバーを促すWヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェールだけでなく、美容効果の高いヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、コラーゲン、セラミドなどが凝縮されているので、効果的にイボを治しながら、イボができる前よりもキメ細かい美しい肌へと導くことができます。

 

肌荒れ改善に効果的なオーガニックアルテア根エキスやカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキスなど天然由来の植物エキスも入っていることで、肌に負担をかけることなく、自然にイボや肌のざらつきを治していくことができるのですね。

 

 

イボ治療は塗り薬だけでなく、内服薬や化粧品、クリニックでの治療など様々な方法があります。

 

自分に1番合うイボ治療法を見つけ、女性としての自信を取り戻しましょう!

 

口コミでも様々な意見が投稿されているので、いきなり購入する前にまずはそちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ