イボコロリ絆創膏 痛い
イボコロリ絆創膏は使っている人の意見が痛い、というものが以外に多いようでした。イボコロリ絆創膏が便利なことは分かりますが、どうして痛いのでしょうか?成分などから理由をまとめました。

>>楽天でイボコロリ絆創膏の詳細を確認する

サリチル酸が浸透している

イボコロリ絆創膏には、「サリチル酸」という有効成分が配合されています。

サリチル酸には角質軟化溶解作用があり、イボやタコ、魚の目といった厚くて硬い角質をやわらかくして取りのぞく効果があるのです。

この成分が患部に浸透するときに、痛いと感じることが多いようです。

痛いのは誰でも嫌ですが、痛いということはイボコロリ絆創膏がしっかり効いている証拠になります。

なので、それほど気にする必要はありませんが、我慢できないくらい痛いときは、すぐに剥がして洗い流すようにしてくださいね。

健康な皮膚に使っている

角質が硬くなっていない健康な皮膚にイボコロリ絆創膏を使うと、痛みを感じることがあります。

サリチル酸は硬い皮膚をやわらかくする作用があるため、硬くない皮膚に使うと白くやわらかくなり、しみて痛いのです。

健康な皮膚には絶対に使わないようにしましょうね。

効果がないイボに使っている

イボコロリ絆創膏が効くのは、「尋常性イボ」「青年性扁平イボ」「魚の目」「タコ」になります。

効果がないイボにイボコロリ絆創膏を使うことで、痛いと感じることがあるのです。

水イボや老人性イボ、コンジローマといったイボに効果はありませんよ。

また、顔や粘膜、首などのやわらかい部分に使っては絶対にダメです。

やわらかい部分に使うことで、皮膚がかぶれてしまったり、かゆみ、赤みなどの症状が出ることがありますよ。

傷・炎症があるところに使っている

魚の目やタコは血が出ませんが、イボは血がでることがあります。

また、イボを引っ張って取ろうとする人が多く、それによって傷をつけ血がでることもありますね。

傷や炎症がある部分にイボコロリ絆創膏を使うと、痛いと感じることがあるんです。

要するに、サリチル酸がしみてしまうんですね。

血が出ていたり、傷や炎症がある場合は使わないようにしましょう。

アレルギーを持っている

イボコロリ絆創膏による痛みは、ちゃんと注意深く使うようにすれば防ぐことができます。

けれど、あまりにも痛い場合は、アレルギーの可能性がありますよ。

イボコロリ絆創膏にはサリチル酸、精製ラノリン、エステルガム、ポリブテン、生ゴムが使われています。

この中に、今までアレルギー反応を起こしたことがあるものがあれば、イボコロリ絆創膏は使っては絶対にダメです。

全身に赤い発疹ができたり、じんましん、腫れるといった症状もアレルギーによるものですよ。

もし、アレルギーのせいで痛いのだと感じたら、すぐに皮膚科を受診してくださいね。

正しい使い方とは?

イボコロリ絆創膏を正しく使うことで痛みを予防できますし、より効果的に気になる悩みを解決できますよ。

①貼る部分を清潔にし、乾いた状態にしてください。

②イボコロリ絆創膏の薬剤部を患部にしっかりあてて、ずれないように密着させましょう。

2~3日貼り続けると、どんどん患部が白く変化していきますよ。

③白くやわらかくなり、はがれ始めた患部をピンセットなどで取りのぞいてください。

痛いときは無理に取りのぞかないようにしましょう!

お湯につけながら行うのがおすすめです。

④イボや魚の目、タコが完璧に取れるまで、①~③をくり返してくださいね。

顔や首のイボを取りたいなら、クリアポロンがおすすめ

顔や首など皮膚がやわらかいところのイボを取りのぞきたいなら、クリアポロンがおすすめです。

イボコロリ絆創膏は厚く硬くなっている皮膚にしか使えませんが、クリアポロンは全身に使えますよ♪

痛みを感じることはないですし、敏感・乾燥肌でも安心して使える低刺激処方です。

オールインワンジェルで保湿効果もあるので、普段のスキンケアとしても使えますよ。